標準型温湿度センサプローブ HC2A-S ロトロニック

ロトロニック
製品紹介

温湿度センサプローブ
標準型温湿度センサプローブ HC2A-S

標準型温湿度センサプローブ HC2A-S

標準型温湿度センサプローブ HC2A-Sは、
あらゆる温湿度計測へ対応する万能型高機能高精度 温湿度センサプローブです。

標準型温湿度センサプローブ HC2A-S

HC2シリーズの標準型温湿度センサプローブであるHC2A-Sは、センサ本体一体型のシンプルな構造での使いやすさと、高機能高精度をすべて備えた温湿度センサプローブです。
高精度な温度計測、湿度計測を実現ロトロニック温湿度計測機器との組み合わせはもちろんのこと、温湿度センサプローブ自体が温湿度センサユニットとして必要な機能をすべて持ち合わせていることから、装置組み込み用などのOEM用途へも最適です。

HC2A-S のアプリケーション

食品産業での温湿度測定

多くの食品製造現場で湿度のコントロールが重要視されています。また、食品そのものの水分活性も食品の防腐効果と密接に関係しています。

ビル空調管理での温湿度測定

ビル空調では温湿度コントロールが一般的ですが、省エネと効率的運用の観点から温湿度コントロールが徐々に重要視されつつあります。

アパレル業界での温湿度測定

アパレル産業において、所定の温湿度環境を保つことは、品質管理と効率性の向上のために欠かせない要素です。ロトロニック製品は、求められる要求に応えることのできる精度を備えています。

製紙業界での温湿度測定

紙やダンボールのような紙製品は湿度、水分が品質に大きな影響を与えます。製造・保管・流通の過程での品質管理において、空調コントロールは重要な意味合いを持ちます。

製薬業界での温湿度測定

製薬メーカーは温湿度計測器の最も大きなユーザーの1つです。多くの薬品は湿度・水分量の変化に対して非常に敏感な為、完成品の品質管理には製造工程において湿度・水分の徹底管理が不可欠です。

HC2A-S の特長

  • 精度(at 23℃): 湿度 ±0.8%rh、温度 ±0.1℃
  • 測定範囲: 湿度 0~100%rh、温度 -50~+100℃
  • デジタル出力(標準): UART

HC2A-S 接続可能計測機種

HC2A-S 仕様

オーダーコード HC2A-S
プローブタイプ 標準型プローブ(標準型温湿度センサ)
測定範囲 湿度 0~100%rh
温度 -50~+100℃
精度(at 23℃) 湿度 ±0.8%rh
温度 ±0.1℃
電源供給 3.3~5 VDC
消費電力 < 4.5 mA
デジタル出力(標準) UART(Universal Asynchronous Receiver Transmitter)
長期安定性 < 1%rh/年
湿度センサ ロトロニック ハイグロマー ROTRONIC HYGROMER® HT-1
温度センサ PT100
応答速度 < 15秒 ※フィルタ装着時
最大風量 3 m/s ※フィルタ未装着時
20 m/s ※フィルタ装着時
材質 ポリカーボネイト(キャップ)
フィルタ
  • SPA-PCB-PE(ポリエチレン)標準装備防塵用
  • SPA-PCB-WM(スチールメッシュ)
  • SPA-PCB-PTFE(テフロン)
オプション
重量 約17g
寸法 φ15 x 108 mm
寸法図 寸法図